======
杉野宣雄の押し花アート 気まま日記
======

トップページ
プロフィール
ごあいさつ
スケジュール
プチ美術館
気まま日記
ご意見箱

気まま日記

‖7月1日「作品の深さ」

展示会やセミナーもひと段落したので、今まで溜まっていた仕事をせっせとこなしています。
先ず、9月に札幌三越で展覧会をするので、北海道の花を使った新作を創作をしました。北海道といえばラベンダー、スズラン、ライラックなどを思い浮かべますが、小さな花で展示会チラシなどに掲載する作品を作るには結構大変です。
やはり、ライラックが一番いいかと思い、北海道から送っていただき仕上げました。 押し花とレカンフラワーを組み合わせた深さ4センチの作品にしましたが、ライラックはかなりデリケートなので貼り付ける時に苦労しました。デザインはお得意の(手軽な)パステルを背景に使い、押し花をデザインし、レカンを立体的に配置する感じです。展覧会のビジュアルとして正式決定していませんので、まだ発表できません。ご了承ください。

次に、レカンフラワーのセミナー用に深さ8センチのボックス作品を創りました。8センチのボックスとはレカンフラワーの受講生から、深い額がほしいという要望が多かったので、新規に企画しました。
今までは4センチの作品が主だったので、乾燥花も4センチ程度に乾かしたものが多く、改めて8センチという深さを実感しました。深くなればそれなりに難しさも出てきますね。大きな花でデザインしたら簡単だろうと安易に考え、シャクヤクでデザインしました。華やかな作品にはなりましたが、いまひとつ納得いきません。今週も頑張りたいと思います。

また、創作しながらも研究開発モードになっています。本当に次から次へやることが多く、頭を整理しながら状況判断し、モゾモゾしています。
押し花、レカンフラワー、ネイチャープリント、そして野彩クラフトなど植物を使ったアートクラフトの世界をもっとすばらしいものにし、楽しいボタニックアートの世界を目指したいですね。

そうそう、横浜の赤レンガ倉庫にて恒例の「花と緑で楽しむアートクラフト展」を11月に開催します。今年はコンテストを中心にパワーアップし、すばらしいボタニックアートの世界を繰り広げます。皆さん楽しみにしていてください。


←前の日記 タイトルへもどる


 
 
ご意見箱へ

 

 

 

======
トップページ・プロフィールごあいさつスケジュールプチ美術館気まま日記・ご意見箱

Copyright © 2002 Nobuo Sugino ALL rights RESERVED.